COVID-19 研究⽀援プログラム - gentleMACS

COVID-19 研究に携わる研究者の安全性の確保に貢献したく、gentleMACS™ Dissociator を無料でお使いいただける支援プログラムを実施いたします。

感染性サンプルの細胞分離操作におけるオペレーターの支援プログラムはこちら

支援概要

gentleMACS Dissociator を最長で 2 年間無償でご提供いたします

  • 無償設置期間は最長で 2 年間を予定していますが、使用頻度に応じてご相談の上、決定いたします
  • 日本国内のお客様に限ります
  • 1 研究室につき1台、日本国内で計 3 台までご提供いたします

応募期間

2020 年 6 ⽉ 22 ⽇ 〜 2020 年 8 ⽉ 31 ⽇

応募条件

COVID-19 関連研究で gentleMACS Dossiciator のご使用をお考えで 、ご使用後に論⽂執筆を予定されており、弊社アプリケーションノートの作成にご協力いただける方

応募方法

ページ下の申し込みボタンより専用フォームに移行し、必要事項をご記入の上、お申し込みください。追って弊社担当者よりご連絡いたします。 

※ 専用フォームにて gentleMACS Dossiciator のご使用方法(アプリケーションプラン)を簡単にご記入いただきます

gentleMACS Dissociators とは

gentleMACS Dissociators は、無菌の閉鎖系チューブの中で組織の分散やホモジナイズを行う、自動組織分散・破砕装置です。3 種類のモデルをご用意しています(本プログラムでご提供予定の機種は、2 サンプルの同時処理が可能な gentleMACS Dissociator です)。

ウイルスのような病原性物質を扱う作業は、サンプルの危険性や二次感染のリスクなどを考慮し進める必要があり、gentleMACS Dissociators がその安全性向上に寄与します。

  • ⾃動組織分散で時間の節約
    組織から単細胞懸濁液を⾼い viability で⾃動調製
    RNA 抽出のための組織・細胞の⾃動ホモジナイズ
  • 様々な組織に対応したプログラムと汎⽤プログラムがラインナップ
  • サンプル調製⼿順の標準化により⾼い再現性
  • キャップを閉じて操作でき、⾼い安全性を確保
  • 無菌操作が可能

感染性サンプルの調製に利用された多数の実績

MERS-CoV や SARS-CoV をはじめとした多数のウイルス関連研究において gentleMACS Dissociators が利用されています。その一部をリファレンスリストでご覧ください。