MACSima™ Imaging Platform

MACSima™ Imaging Platform

MACSima Imaging Platform は唯一のウルトラハイコンテントイメージングソリューションです。その中心となる製品の MACSima Imaging System は、蛍光顕微鏡をベースとした完全自動化装置です。MICS (MACSima Imaging Cyclic Staining) 技術と、すぐに使用できる幅広い種類の組み換え抗体を使用することで、ひとつのサンプルで 100 以上のマーカーを分析することが可能です。また、パワフルで直感的な Qi Tissue Image Analysis Software により、これまでのイメージングの常識を覆す体験ができます。

Video

MACSima Imaging Platform の概要

MACSima Imaging System は蛍光標識抗体を用いた周期的蛍光染色とその画像取得の完全自動化を実現させています。得られた膨大な量のデータセットは、QiTissue Imaging Analysis ソフトウェアによって、直感的かつ簡単に解析していただけます。

MACSima Imaging Platform の特長

  • ひとつのサンプルから 100 種類を超えるマーカーの検出が可能
  • 一次標識抗体および REAlease® 抗体が使用可能
  • サンプル染色から画像撮影まで完全自動
  • 組織片・接着細胞・浮遊細胞に適用
  • 固定法として PFA・アセトン・ FFPE に対応
  • QiTissue 解析ソフトウェアを使用して、得られた 2D 画像スタックから、クラスター化やヒートマップなどさまざまなタイプのデータ出力が可能
  • 画像データからゲーティングができるので、腫瘍浸潤細胞の特徴付けや新規マーカー探索に最適

MACSima Imaging Cyclic Staining (MICS) の原理

原理

The MICS technology - the principle of cyclic staining
View details


01 染色
FITC、PE、APC で標識された一次抗体でサンプルを染色します。

02 撮影
サンプル内の任意の領域を自動で撮影します

03 消去
1 サイクルを完了するためにシグナルを消去します。このプロセスは自動で行われます。

The mechanisms for signal erasure 
View details

(01) 蛍光色素を結合した抗体で染色し、(02) 染色したサンプルを画像を取得した後、以下の 2 つのメカニズムで蛍光を消去することができます。

(03a) 蛍光色素を結合した抗体で染色したサンプルの蛍光シグナルは、フォトブリーチングによって消去することができます。

(03b) REAlease などの蛍光色素標識抗体複合体を用いたサンプルの染色では、蛍光色素の放出を制御することでシグナルを消去することができます。
画像取得後に REAlease Release Reagent をサンプルに加えるだけで、蛍光色素の放出させます。この消去メカニズムは、サンプル全体から一度に信号を消去するため、サンプルにやさしく特に効率的です。

MICS 対応した、蛍光標識抗体・プレートとサンプルキャリア

MICS 対応蛍光標識抗体とプレート

さまざまな固定方法・動物種に対応した蛍光標識抗体・プレートをご用意しています。
 

固定法・動物種別の蛍光標識抗体プレート

PFA、FFPE 固定で使用できる抗体プレートです。運用可能な固定法は順次、アップデートされる予定です。

130-127-848REAscreen MAX Kit, human, PFA, version 01PFA 固定されたヒト由来サンプル用の 161 種類の抗体セット
130-127-846REAscreen MAX Kit, mouse, PFA, version 01PFA 固定されたマウス由来サンプル用の 91 種類の抗体セット
130-127-847REAscreen MAX Kit, FFPE, PFA, version 01 FFPE 包埋されたヒト由来サンプル用の 89 種類の抗体セット

MICS 用検証済みの蛍光標識抗体

MICS 用検証済みの蛍光標識抗体はこちらからお探しください。対応可能抗体は逐次アップデートされています。

REAlease 抗体

REAlease 抗体によって、酵素ベースの試薬によって、優しくそして広範囲の蛍光標識を細胞から消去することができます。詳しくはこちらをご覧ください。

組織片・接着細胞・浮遊細胞に対応したサンプルキャリア

サンプルまたは解析領域の大きさによって、サンプルキャリアをご選択いただけます。

130-124-673MACSwell Oneチャンバー数が1つのサンプルキャリア(10 個入)
130-124-675MACSwell Twoチャンバー数が2つのサンプルキャリア(10 個入)
130-124-676MACSwell Fourチャンバー数が4つのサンプルキャリア(10 個入)
130-124-677MACSwell 24接着細胞のためのサンプルキャリア 
130-126-865MACSwell Deepwell Plate抗体パネルを作成時に使用するディープウェルプレート(5 個入)と MACSwell Sealing Foil(7 枚入)
130-126-866MACSwell Sealing FoilsMACSwell Deepwell Plate を覆うためのアルミフォイルシール(20 枚入)
130-126-794MACSwell One SmallMACSwell Two と同じサイズのチャンバー数が 1 つのサンプルキャリア(10個入)

QiTissue ソフトウェアによるマルチプレックスデータの可視化と解析

Video

QiTissue Imaging Analysis ソフトウェアによる解析

MACSima Imaging System で得られた膨大なデータを包括的に、かつフレキシブルに解析していただけます。  

直感的なインターフェース

得られたデータを Qi Tissue Imaging Analysis ソフトウェアで読み込むことで、ウルトラハイコンテントのデータセットの概要をすぐに確認できます。このソフトウェアですべての解析ツールをすぐに使うことができ、ニーズに合わせて表示をカスタマイズすることもできます。100 マーカー以上のスタックという膨大な量のデータでも簡単で直感的にできます。 
 

信頼のそして高速のセグメンテーション

MACSima のデータからは、非常に多くの細胞表面マーカーの情報が得られるため、核や細胞の境界を正確に認識することができ、セグメンテーションをより迅速かつ確実に行うことができます。これにより、画像内の蛍光値と特定の細胞との相関が容易になり、発現パターンの正確な比較、細胞集団の識別と定義、クラスターの算出などが可能です。

ゲーティング

ドットプロットに基づいて目的の細胞をゲートおよびサブゲートするだけでなく、画像で組織の特定の部分の細胞を選択することもできます。プロットで関心のある細胞を選択すると、画像データ上ですぐにハイライトされますし、また、関心のある組織の領域を選択すると、プロット上でハイライトさせることができます。

強力なクラスター化と多様な解析方法

発現プロファイルをヒートマップで表示したり、t-SNE プロットを計算してデータの次元を下げたりすることで、データの探索と可視化をより効果的に行うことができます。すべてのデータと可視化されたデータは簡単に抽出でき、あらゆる種類のフォローアップ分析に使用したり、論文用のデータとして使用することができます。

リソース

MACSima イメージングプラットフォームを運用した論文報告

Identification of CD318, TSPAN8 and CD66c as target candidates for CAR T cell based immunotherapy of pancreatic adenocarcinoma
Daniel Schäfer et al., Nature Communications volume 12, Article number: 1453 (2021)

371 種類の候補分子の中から膵管がん細胞のマーカーに対する CAR T 細胞をの候補を樹立した報告です。マーカーの絞り込み、ほか組織における安全性の確認、および樹立した CAR T 細胞の評価に MACSima Imaging Platform が使用されています。 

筆頭著者によるウェビナーはこちら(外部サイト)
※ メールアドレスの入力が必要になります

アプリケーションノート

Download PDF

直腸がんにおける浸潤白血球(TIL)の特徴づけ

TIL と非 TIL をゲーティングを使って区別し、発現プロファイルを比較しています。

ウェビナー

video preview Play video

MACSima Imaging Platform の概要

MACSima Imaging System は蛍光標識抗体を用いた周期的蛍光染色とその画像取得の完全自動化を実現させています。得られた膨大な量のデータセットは、QiTissue Imaging Analysis ソフトウェアによって、直感的かつ簡単に解析していただけます 

Labroots ウェビナー(外部サイト)
Ultrahigh-content imaging: a breath of fresh air for lung cancer research

本社ジュニアプロダクトマネージャー Dr. Telma Santos による MACSima Imaging Platform の解説です。 

お問い合わせ

MACSima に関する技術的なご質問、資料のご請求、デモンストレーション・セミナー・お見積りのご依頼など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ:03-5646-8910
メールでのお問い合わせ:macsjp@miltenyi.com